美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。 出張買取依頼 来店買取依頼 メール買取依頼 宅配買取依頼

骨董品・古美術品

骨董品・古美術品買取ギャラリー

真葛香山 香炉

平安?美斎猷興作五福祥集香炉

中国 青銅器

水滴

饅頭根付

玉楮象谷

銀瓶

象牙布袋 置物

希少価値のある古美術や古道具のことである。フランス語ではアンティークと呼ばれ、そのまま洋風の古い家具・雑貨(希少価値のあるもの)を指してアンティークと呼ぶ事もある。
ここから派生した用法として、古いだけで実際の役には立たない時代遅れのもの、がらくたを指して「骨董品」と呼ぶこともある。

日本語でいうところの骨董には、もともとは「希少価値のある」「アンティーク」的な意味があったわけではない。
日本国語大辞典によれば、「希少価値や美術的な価値などのある古美術品や古道具類」という現在一般的に使われる意味の一方、「古いだけで価値がなく役にたたなくなったもの」とも説明されており、正反対の意味をそれぞれ含有している。志賀直哉の『邦子』には、「貴女達の眼から見れば、ああいふのは骨董品かしら。さうなると主人公も同様骨董の部だろうが」という一文がある。
大言海によれば、江戸時代の骨董とはコトコト、ゴタゴタ等と同じ意味を持つ擬声語であったという。ここから派生して、骨董飯(こっとうはん、現在で言う五目飯)・骨董汁(こっとうじる、雑多な具を入れた汁)・骨董箱(こっとうばこ、雑多な物を収めておく箱)という言葉があった。
一方、漢字源によれば、「董」という漢字は「しんになるたいせつなもの。『骨董』」とあり、「骨」という漢字は「ほね。物事を組みたてるしんになるもの。『骨子』」とある。雑多なガタクタという意味が時代を経て希少価値のある古いもの、という意味が付与されていった歴史を持つのである。

骨董品・古美術品

買取商品例

骨董品・古美術品
陶磁器・根付・古壷・蒔絵・指し物・堆朱・伊万里・時代家具・仏像・古道具など買取致します。また古い家屋や蔵などの整理の際は是非「えんや」をご指名ください。
茶道具
表千家・裏千家・武者小路千家の他、久田・堀内・小堀・薮内・山田など各流派書付ものの道具類など買取致します。また千家十職の作品、人間国宝など人気作家作品などから一般道具、お稽古道具まで全般的に買取致します。
掛け軸
仏画・肉筆・版画・浮世絵・山水画・花鳥画・墨蹟古筆・色紙・短冊・画賛・手紙・消息など箱有り無しに関わらず、まずはご相談ください。
絵画
洋画・日本画・版画はもちろん海外作家作品や復刻画も含め近代絵画から現代絵画まで幅広くお取扱い致します。文化勲章受章者はもちろんその他著名作家及び作者名が不明な作品なども買取対象となります。まずはご相談ください。
美術工芸品・作家物
陶磁器・根付・古壷・蒔絵・指し物・堆朱・伊万里・時代家具・仏像・古道具など買取致します。また古い家屋や蔵などの整理の際は是非「えんや」をご指名ください。
中国・朝鮮美術
陶磁器・書画を中心に堆朱・茶かご・鼻煙壷・翡翠の彫刻類など買取致します。
西洋アンティーク
ガレ・ドーム・ミューラー・ラリック・バカラなどのガラス工芸品やマイセン・KPM・セーブル・ウースターなど陶磁器類及び小物や家具、絵画・ブロンズ・彫刻などもお取扱い致します。
甲冑
甲冑とは戦闘の際に兵士が身につける伝統的な防具の総称。
骨董品買取のえんやでは他社では取り扱いの難しい甲冑でも買取致します。
金・銀・白金(プラチナ)製品
金・銀・白金(プラチナ)などの貴金属製品類も、取り扱っております。
まずはご相談ください。
金工
金属に細工をする工芸。またはその職人。金工品には金・銀・銅・錫・鉄等を主材料とした彫金等による甲冑、仏具、荘厳具、装身具、工匠具類などがある。
漆芸
漆(うるし)の木にキズをつけ、滲み出した樹液を採取し目的別に調整します。これを接着剤にしたり、塗料として使用しますが、その他に形そのものを造ることもできます。
その他
着物・和装小物、昭和レトロ・おもちゃ・古小家具・贈答品・ブランド品・貴金属・勲章・軍装などまずはご相談ください。
人間国宝・重要文化財作品はこちら