美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。女性スタッフもお伺い致します。

骨董品・古美術品

希少価値のある古美術や古道具のことである。フランス語ではアンティークと呼ばれ、そのまま洋風の古い家具・雑貨(希少価値のあるもの)を指してアンティークと呼ぶ事もある。
ここから派生した用法として、古いだけで実際の役には立たない時代遅れのもの、がらくたを指して「骨董品」と呼ぶこともある。

日本語でいうところの骨董には、もともとは「希少価値のある」「アンティーク」的な意味があったわけではない。
日本国語大辞典によれば、「希少価値や美術的な価値などのある古美術品や古道具類」という現在一般的に使われる意味の一方、「古いだけで価値がなく役にたたなくなったもの」とも説明されており、正反対の意味をそれぞれ含有している。志賀直哉の『邦子』には、「貴女達の眼から見れば、ああいふのは骨董品かしら。さうなると主人公も同様骨董の部だろうが」という一文がある。
大言海によれば、江戸時代の骨董とはコトコト、ゴタゴタ等と同じ意味を持つ擬声語であったという。ここから派生して、骨董飯(こっとうはん、現在で言う五目飯)・骨董汁(こっとうじる、雑多な具を入れた汁)・骨董箱(こっとうばこ、雑多な物を収めておく箱)という言葉があった。
一方、漢字源によれば、「董」という漢字は「しんになるたいせつなもの。『骨董』」とあり、「骨」という漢字は「ほね。物事を組みたてるしんになるもの。『骨子』」とある。雑多なガタクタという意味が時代を経て希少価値のある古いもの、という意味が付与されていった歴史を持つのである。

「骨董品・古美術品」買取商品例

順不同

買取商品例

古美術・絵画買取実績多数のえんやで取り扱ってきた商品の数々です。掲載されていないジャンルのお品物もぜひお気軽にお問い合せください。 買取り専門だから出来る買取り額、即金にて高価買取り。お電話一本で、お客様のご希望の時間に出張させて頂きます。 秘密厳守。 数の大小を問わず、一品一品、誠実に評価いたします(出張・その他費用無料)。 その他何でもご相談ください。

人間国宝・文化勲章受章者

買取対応エリア

古美術・骨董のえんやでは東京・神奈川をはじめ首都圏を主に、可能な限り遠方へも出張しており、毎日行われる買い取りドラマを買取ったエリアごとにご紹介しております。実際に買い取りをご依頼した際に、どのような流れになるのかを掴むこともできますので是非一度ご覧ください。

全国対応買取マップ

北海道・東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄
0120-808-896 買取のご相談 LINE査定 このページの先頭へ