美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。女性スタッフもお伺い致します。

東京都墨田区内出張買取・店頭買取・宅配買取

私ども古美術骨董えんやは東京都墨田区において、絵画・掛軸・骨董品・古美術品・中国古美術品・中国古書画・中国掛軸・茶道具・茶器・西洋アンティーク・遺品整理品から出た遺品の整理品・その他のお品物の出張買取、持込み買取(東京都渋谷区広尾本店)宅配買取を行っております。またメール・LINE(ライン)にて簡単無料画像査定も受け付けておりますので、お気軽にご利用下さい。

お持込買取の際は不在にしていることもございますので必ず事前のアポイントメントをお願い致します。また宅配買取の場合、発送前に一度ご連絡ください。発送時の注意点等お伝え事項がございます。

東京都墨田区での豊富な買取実績

鑑定人のご紹介

鑑定人 遠藤大祐
出身高校 法政二高 [ 野球部OB ]
出身大学 法政大学社会学部
加盟団体 東京商工会会員/東京美術倶楽部 桃李会会員/東京美術倶楽部 親和会会員/全国美術商連合会会員

ごあいさつ

お電話一本で、お客さまのご希望のお時間に出張させて頂き、高値でお取引き致します。 お引越、相続・遺産整理・遺品整理、ご自宅の建て替え等による荷物の整理・処分の際は是非ご一報下さい。その他何でもご相談ください! また当店では女性スタッフ(着物・ブランド等担当)もお伺いいたします。

えんやPR動画をどうぞご覧ください

東京都墨田区の買取事例

絵画

  • 堅山 南風(かたやま なんぷう)
    堅山 南風(かたやま なんぷう)
    作品名:柿の絵
    技法:日本画
  • 堅山 南風(かたやま なんぷう)
    堅山 南風(かたやま なんぷう)
    作品名:柿の絵
    技法:日本画
  • 熊沢淡庵(くまざわ たんあん)
    熊沢淡庵(くまざわ たんあん)
    掛軸
  • 熊沢淡庵(くまざわ たんあん)
    熊沢淡庵(くまざわ たんあん)
    掛軸

茶道具

  • 川端近左(かわばたきんさ)
    川端近左(かわばたきんさ)
    作品名:黒中棗
    裏千家 鵬雲斎宗匠書付
  • 川端近左(かわばたきんさ)
    川端近左(かわばたきんさ)
    作品名:黒中棗
    裏千家 鵬雲斎宗匠書付
  • 唐物写(からものうつし)
    唐物写(からものうつし)
    作品:花入
    裏千家 鵬雲斎宗匠書付
  • 唐物写(からものうつし)
    唐物写(からものうつし)
    作品:花入
    裏千家 鵬雲斎宗匠書付

骨董品・その他

  • 中国美術品
    中国美術品
    作品:明代 中国写花瓶
  • 中国美術品
    中国美術品
    作品:明代 中国写花瓶
  • ドーム・ナンシー(Daum Nancy)
    ドーム・ナンシー(Daum Nancy)
    作品名:すみれ文花瓶
    フランスアンティーク
  • ドーム・ナンシー(Daum Nancy)
    ドーム・ナンシー(Daum Nancy)
    作品名:すみれ文花瓶
    フランスアンティーク

えんやをご利用頂いた墨田区お客様の声

友人に紹介され、こちらで絵画の査定をお願いしました。
母の買った絵画だったので画家名とか分からなかったのですが、査定の際にいろいろ教えて頂きました。
買取価格も満足してます。ありがとうございました。

(40代、女性)

実家に蔵があるのですが、ずっと片付けてなく、片付けのついでに買取の査定をお願いしました。
蔵の中には、絵画・骨董品・壺などなど多数あったのですが、丁寧且つ素早く鑑定していただけました。お願いして良かったです。

(60代、男性)

かなり古い壺だったので価格は期待してなかったのですが、箱も一緒に残っていたこともあり、想定以上の価格で買い取りしていただけました。絵画や着物・アンティークなども買取してると伺ったので次回はそちらでお願いしたいと思っております。

(50代、女性)

広尾に店舗があるのと、女性のスタッフがいるとのことで、こちらに出張査定をお願いしました。鑑定だけでなく、こんなものも買い取れますよ的なアドバイスもしてもらいました。今度、実家に帰ったとき骨董品探してみようと思いました(笑)

(30代、女性)

最初に電話で相談した時に、持っている絵の説明をしたら、丁寧に聞いていただき、さらにすぐに来てくれるとのことでお願いすることにしました。私の雑談話も親身に聞いて頂き、とても満足してます。もちろん査定も丁寧にしていただけました。

(70代、男性)

充実の買取項目

人間国宝・文化勲章受章者

出張買取の流れ

1

お問い合わせ・訪問日調整

お電話・メール・LINEにてお問い合わせをいただき、専門の担当者がご相談内容をお伺いし出張査定の日程を決めさせていただきます。

2

ご訪問

事前に、お客様と調整いたしました日程と場所に鑑定士がお伺いさせていただきます。

3

お品物の査定

軒先・玄関先などにて、ご要望のお品を直接拝見し査定金額をお伝えさせていただきます。

4

査定金額にご納得をいただきましたら、お支払いいたします。

査定金額にご納得をいただけましたら、即現金にてその場でお支払いいたします。

また、お振込をご希望の際には翌営業日にお振込みさせていただきます。

※出張料やその他費用は、いかなる場合であってもいただきません。

東京都墨田区 買取対応エリアのご案内

青海、有明、石島、海辺、永代、枝川、越中島、扇橋、大島、亀戸、北砂、木場、清澄、佐賀、猿江、塩浜、潮見、東雲、白川、新大橋、新木場、新砂、住吉、千石、千田、高橋、辰巳、東陽、常盤、富岡、豊洲、東砂、平野、深川、福住、冬木、古石場、牡丹、南砂、三好、毛利、森下、門前仲町、夢の島、若洲

墨田区エリア対応店舗のご案内

渋谷広尾本店

渋谷広尾本店
所在地〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-4-2 シャレール広尾1F
電話番号03-6805-0229(電話対応時間:9~21時)
営業時間11:00~18:00
定休日年中無休
店舗詳細はこちら

スリフトモール南町田店

スリフトモール南町田店
所在地〒194-0003 町田市小川7-6-10 スリフトモール南町田
電話番号042-744-4856(電話対応時間:11~21時)
営業時間11:00~21:00
店舗詳細はこちら

茶道具・骨董品・美術品・絵画の査定は専門店にお任せください。

私がお伺いいたします
担当:遠藤大祐担当:遠藤大祐

お電話一本で、お客さまのご希望のお時間に出張させて頂き、高値でお取引き致します。

お引越、相続・遺産整理・遺品整理、ご自宅の建て替え等による荷物の整理・処分の際は是非ご一報下さい。その他何でもご相談ください!また、当店では女性スタッフ(着物・ブランド等担当)もお伺いいたします。

茶道具、骨董品、絵画、掛軸、現代美術品、西洋アンティークその他幅広くお取り扱い致します。

また全国ネットワークのえんやでは、北は北海道から南は鹿児島まで出張買取致します。
まずはお電話にてご相談下さい。

墨田区には、表千家の茶道教室がいくつか存在しています。表千家とは茶道の流派の一つのことで千利休を祖とする千家の家督を継いだ千家流茶道の本家です。

このかの有名な千利休は日本人のだれもが今までに一度は耳にしたことがある名前でしょう。彼は戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した商人でもあり、茶人です。侘茶の完成者として有名で、茶聖とも称されています。また茶湯の天下三宗匠として今井宗久、津田宗及とともに称されています。彼は本能寺の変の後豊臣秀吉に仕え、一時は秀吉の思い信任も受け、黄金の茶室の設計や、出家した僧侶や世俗を避けた者たちが集まる居住という意味のある草庵の茶室、また楽茶碗の取入れなどをしてわび茶への完成へ勤めていました。侘茶とは茶の湯の一方式でそれまでの書院による豪華で広々とした形式に代わって簡素で簡略の境地、つまり詫びを重んじ書院造から茶室だけを独立させ た新しい形式の茶の湯のことです。しかし千利休はある時秀吉の逆鱗に触れてしまい切腹を命じられることとなり享年七十年でこの世を去りました。そうなってしまい長い時が過ぎた今でも千利休の成したことは語り継がれています。


墨田区出身の日本の代表的画家のひとりに葛飾北斉がいます。彼は宝暦10年(1760年)に現在の墨田区亀沢付近で生まれ、90年の生涯のほとんどを墨田区内で過ごし、『富嶽三十六景』や『北斎漫画』などの代表作を残しました。浮世絵師は、室町時代中期から江戸時代末期まで約400年にわたって活躍し日本絵画史上最大の画派であり、その子孫は織田信長や豊臣秀吉らに仕えたとされる狩野派や朝廷の御用絵師であった土佐派出身の絵師が多くいます。有名な浮世絵師には十返舎一九、菱川師宣、喜多川 歌麿、歌川 広重などがいます。

鏑木清方(かぶらき きよかた)、伊東 深水(いとう しんすい)、川関余水らに引き継がれて現代に至っています。


また、墨田区は、「物づくりは文化である」とし、工芸職人13人が集まって伝統職人技術の保存、発展、認識向上を目的に発足した墨田区伝統工芸保存会があります。その中の代表的な工芸に江戸切子があります。江戸切子とは、ガラスの表面に金盤や砥石を用いて、 いろいろな模様をカットする技法、つまりカットグラスのことであり、平成14年には国の伝統的工芸品に指定されました。天保五年江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻を施したのが江戸切子の始まりと言われていますが、もともとは明治政府の殖産興業政策の一環として日本での近代的な硝子生産が促進され、そののちに長崎を通して海外からやってきた職人の技と江戸の職人の技が融合してできたものが江戸切子だといわれております。当時のメーカーには現在の東洋佐々木ガラス、岡本硝子などがあり、現在では墨田区出身のTHE ALFEEの坂崎幸之助を江戸切子親善大使に設け、更に7月5日を江戸切子の日に設定しました。


そんな歴史にゆかりのある墨田区において私ども『古美術骨董えんや』は、茶道具・絵画・骨董品などの査定・買取を行っております。是非お持ちのお品物に対するご相談・ご売却・買取査定のご要望はえんやまでご連絡ください。

また遺品の整理、遺品の売却買取査定のご依頼を数多く受けておりますので、お気軽にご相談ください。


著作権について

0120-808-896 買取のご相談 LINE査定 このページの先頭へ