美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。女性スタッフもお伺い致します。

東京都中央区内出張買取・店頭買取・宅配買取

私ども古美術骨董えんやは東京都中央区において、絵画・掛軸・骨董品・古美術品・中国古美術品・中国古書画・中国掛軸・茶道具・茶器・西洋アンティーク・遺品整理品から出た遺品の整理品・その他のお品物の出張買取、持込み買取(東京都渋谷区広尾本店)宅配買取を行っております。またメール・LINE(ライン)にて簡単無料画像査定も受け付けておりますので、お気軽にご利用下さい。

お持込買取の際は不在にしていることもございますので必ず事前のアポイントメントをお願い致します。また宅配買取の場合、発送前に一度ご連絡ください。発送時の注意点等お伝え事項がございます。

東京都中央区での豊富な買取実績

鑑定人のご紹介

鑑定人 遠藤大祐
出身高校 法政二高 [ 野球部OB ]
出身大学 法政大学社会学部
加盟団体 東京商工会会員/東京美術倶楽部 桃李会会員/東京美術倶楽部 親和会会員/全国美術商連合会会員

ごあいさつ

お電話一本で、お客さまのご希望のお時間に出張させて頂き、高値でお取引き致します。 お引越、相続・遺産整理・遺品整理、ご自宅の建て替え等による荷物の整理・処分の際は是非ご一報下さい。その他何でもご相談ください! また当店では女性スタッフ(着物・ブランド等担当)もお伺いいたします。

えんやPR動画をどうぞご覧ください

東京都中央区の買取事例

絵画

  • 東山魁夷(ひがしやま かいい)
    東山魁夷(ひがしやま かいい)
    作品名:残照
    技法:リトグラフ
  • 東山魁夷(ひがしやま かいい)
    東山魁夷(ひがしやま かいい)
    作品名:残照
    技法:リトグラフ
  • 刑部人(おさかべ・じん)
    刑部人(おさかべ・じん)
    作品名:室生寺
    技法:油絵
  • 刑部人(おさかべ・じん)
    刑部人(おさかべ・じん)
    作品名:室生寺
    技法:油絵

茶道具

  • 樂 吉左衞門(らく きちざえもん)
    樂 吉左衞門(らく きちざえもん)
    茶道具
    織部蓋置き
  • 樂 吉左衞門(らく きちざえもん)
    樂 吉左衞門(らく きちざえもん)
    茶道具
    織部蓋置き
  • 瀬戸肩衝茶入 「松風」
    瀬戸肩衝茶入 「松風」
    表千家
    而妙斎書付
  • 瀬戸肩衝茶入 「松風」
    瀬戸肩衝茶入 「松風」
    表千家
    而妙斎書付

骨董品・その他

  • リヤドロ(LLADRO)
    リヤドロ(LLADRO)
    西洋陶磁器
  • リヤドロ(LLADRO)
    リヤドロ(LLADRO)
    西洋陶磁器
  • 中国美術
    中国美術
    玉 香炉 台座付
  • 中国美術
    中国美術
    玉 香炉 台座付

えんやをご利用頂いた中央区お客様の声

骨董品の買取というので、少し怖かったのですが、えんやさんは、電話の対応がとても良く安心しました。日本画のことなど、さっぱり分からなかったのですが、少し伝えただけでも理解してくれました。とても良かったです。

(60代、女性)

祖母の大切にしていた、茶道具を買取してもらいました。鑑定時間もそうですが、祖母の思い出話しに付き合っていただき、とても優しい鑑定士さんでした。査定価格も納得の行くもので、大満足です!

(50代、女性 東京都練馬区)

今は、神奈川県に引越したのですが、その引越の費用にと骨董品を買取してもらいました。父親のものなので、良く分からなかったのですが、中国の古い壷だったようです。直ぐに出張買取に来てくれましたし、丁寧に見てもらえて満足です。

(40代、女性 神奈川県相模原市)

西洋画を集めており、その数点を鑑定に出してみました。鑑定士さんは、知識が豊富で、西洋画の話でとても盛り上がりました。どこよりも、高額な価格で査定してくれましたし、次回もこの買取業者に頼みたくなりましたね。

(60代、男性 東京都中央区)

祖父の残した、遺品の中に由緒正しそうな焼物があったので、出張買取で骨董専門買取業者を使わせてもらいました。最初、出張買取は不安だったのですが、女性もいらっしゃるとのことで安心しました。また、利用したいです。よろしくお願いします。

(40代、女性 東京都中央区)

充実の買取項目

人間国宝・文化勲章受章者

出張買取の流れ

1

お問い合わせ・訪問日調整

お電話・メール・LINEにてお問い合わせをいただき、専門の担当者がご相談内容をお伺いし出張査定の日程を決めさせていただきます。

2

ご訪問

事前に、お客様と調整いたしました日程と場所に鑑定士がお伺いさせていただきます。

3

お品物の査定

軒先・玄関先などにて、ご要望のお品を直接拝見し査定金額をお伝えさせていただきます。

4

査定金額にご納得をいただきましたら、お支払いいたします。

査定金額にご納得をいただけましたら、即現金にてその場でお支払いいたします。

また、お振込をご希望の際には翌営業日にお振込みさせていただきます。

※出張料やその他費用は、いかなる場合であってもいただきません。

東京都中央区 買取対応エリアのご案内

明石町、入船、勝どき、京橋、銀座、新川、新富、築地、月島、佃、豊海町、日本橋、日本橋大伝馬町、日本橋蛎殻町、日本橋兜町、日本橋茅場町、日本橋小網町、日本橋小伝馬町、日本橋小舟町、日本橋富沢町、日本橋中洲、日本橋人形町、日本橋馬喰町、日本橋箱崎町、日本橋浜町、日本橋久松町、日本橋堀留町、日本橋本石町、日本橋本町、日本橋室町、日本橋横山町、八丁堀、浜離宮庭園、晴海、東日本橋、湊、八重洲

中央区エリア対応店舗のご案内

渋谷広尾本店

渋谷広尾本店
所在地〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-4-2 シャレール広尾1F
電話番号03-6805-0229(電話対応時間:9~21時)
営業時間11:00~18:00
定休日年中無休
店舗詳細はこちら

スリフトモール南町田店

スリフトモール南町田店
所在地〒194-0003 町田市小川7-6-10 スリフトモール南町田
電話番号042-744-4856(電話対応時間:11~21時)
営業時間11:00~21:00
店舗詳細はこちら

茶道具・骨董品・美術品・絵画の査定は専門店にお任せください。

私がお伺いいたします
担当:遠藤大祐担当:遠藤大祐

お電話一本で、お客さまのご希望のお時間に出張させて頂き、高値でお取引き致します。

お引越、相続・遺産整理・遺品整理、ご自宅の建て替え等による荷物の整理・処分の際は是非ご一報下さい。その他何でもご相談ください!また、当店では女性スタッフ(着物・ブランド等担当)もお伺いいたします。

茶道具、骨董品、絵画、掛軸、現代美術品、西洋アンティークその他幅広くお取り扱い致します。

また全国ネットワークのえんやでは、北は北海道から南は鹿児島まで出張買取致します。
まずはお電話にてご相談下さい。

東京都中央区は、銀座や築地、日本橋、茅場町など、東京都の歴史の中心的な街が多くある場所です。古くより多くの人々が行き交うことが多く、芸術文化も深みがあり、数多くの芸術家や美術館、博物館を有します。多くの骨董品・美術品愛好家の方が、常に中央区に注目しているのではないでしょうか。

谷崎潤一郎など作家も多く、文化レベルの高い地域でもあり、海外からも注目を集めている地域です。中央区銀座にあるブリヂストン美術館には、創設者・石橋正二郎の個人収集から始まった石橋コレクションが2500点以上展示され、約1600点がブリヂストン美術館で管理されてます。19世紀フランス印象派と20世紀の西洋絵画などを多く取り扱っており、代表的な作品は、クロード・モネの「黄昏」やピエール=オーギュスト・ルノワールの「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」などがあります。西洋絵画以外にも西洋の古代美術、近現代彫刻も、あわせて収蔵しており、オーギュスト・ロダンの「考える人」などは、誰もが知っている作品なのではないでしょうか。

また、茶道具の国宝や重要文化財を見たい方は、中央区日本橋にある三井記念美術館がおすすめです。三井記念美術館には、国宝が6点、重要文化財が73点、重要美術品が4点と多くの貴重な作品を所蔵している為、とても見応えのある美術館です。代表作は、俵屋宗達、尾形光琳とともに、琳派の創始者としても有名な本阿弥光悦の国宝「志野茶碗 銘卯花墻」や、重要文化財では、安土桃山時代を代表する京都の陶芸家である長次郎の「黒楽茶碗 銘俊寛」、足利義政所持とされる「大名物 唐物肩衝茶入 北野肩衝」など、茶道具の優品を見ることができます。その他、茶道具以外にも絵画や筆跡、刀剣などさまざまなものを取扱っています。今後も中央区は、日本の文化も発信拠点として注目され続けるでしょう。

そんな中央区で骨董品の買取依頼をお考えの方は、『古美術骨董えんや』をご利用ください。骨董品以外にも、茶道具、絵画、掛軸、アンティークなどなど、幅広く買い取りを行っております。渋谷区広尾に実店舗も御座いますので、すぐに出張買取にお伺いすることができます。 お客様のお品ものを、親切・丁寧に査定買取、高価買取をいたします。お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ・ご相談くださいませ。


著作権について

0120-808-896 買取のご相談 LINE査定 このページの先頭へ