美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。女性スタッフもお伺い致します。

江別市茶道具買取査定

 私ども茶道具買取えんやでは北海道江別市において、茶道具、茶器、煎茶器、中国茶道具、中国茶器、中国古陶磁器、朝鮮古陶磁器、唐物茶道具、唐物茶器、南蛮茶器、安南茶器、李朝茶碗、高麗茶碗、桃山茶道具、桃山茶器、墨蹟書画掛軸、大徳寺系禅僧書画掛軸、お点前用の茶道具・茶器のみならず、お稽古用の茶道具、茶器などの買取・査定・鑑定を行っております。北海道江別市への出張買取はもちろん、店頭買取・持込買取(北海道札幌店)、宅配買取も行っております。又、メール、ライン画像による簡単無料買取・査定も受け付けておりますので、お気軽にご利用下さい。

お持込買取の際は不在にしていることもございますので必ず事前のアポイントメントをお願い致します。また宅配買取の場合、発送前に一度ご連絡ください。発送時の注意点等お伝え事項がございます。

茶道具買取品目

鑑定人のご紹介

鑑定人 遠藤大祐
出身高校 法政二高 [ 野球部OB ]
出身大学 法政大学社会学部
加盟団体 東京商工会会員/東京美術倶楽部 桃李会会員/東京美術倶楽部 親和会会員/全国美術商連合会会員/東京美術倶楽部 桃椀会会員

ごあいさつ

お電話一本で、お客さまのご希望のお時間に出張させて頂き、高値でお取引き致します。 お引越、相続・遺産整理・遺品整理、ご自宅の建て替え等による荷物の整理・処分の際は是非ご一報下さい。その他何でもご相談ください! また当店では女性スタッフ(着物・ブランド等担当)もお伺いいたします。

 

会社概要はこちら

えんやPR動画をどうぞご覧ください

出張買取の流れ

1

お問い合わせ・訪問日調整

お電話・メール・LINEにてお問い合わせをいただき、専門の担当者がご相談内容をお伺いし出張査定の日程を決めさせていただきます。

2

ご訪問

事前に、お客様と調整いたしました日程と場所に鑑定士がお伺いさせていただきます。

3

お品物の査定

軒先・玄関先などにて、ご要望のお品を直接拝見し査定金額をお伝えさせていただきます。

4

査定金額にご納得をいただきましたら、お支払いいたします。

査定金額にご納得をいただけましたら、即現金にてその場でお支払いいたします。

また、お振込をご希望の際には翌営業日にお振込みさせていただきます。

※出張料やその他費用は、いかなる場合であってもいただきません。

江別市の豊富な買取実績

  • 時代沓形茶盌
    時代沓形茶盌
  • 時代茶托
    時代茶托
  • 十三代中里太郎右衛門
    十三代中里太郎右衛門
  • 正玄下削 鵬雲斎蓋置
    正玄下削 鵬雲斎蓋置

えんやをご利用頂いたお客様の声

誰も使ってない茶道具が結構たくさんあって処分するにも捨てるわけにもいかず困っていたら知り合いがえんやさんを勧めてくれました。

(70代 男性)

茶道具や骨董品を買取しますとかいろいろ電話がかかって来たけど、えんやさんはそう言うことをしていない感じだったのでお願いした。

(70代 女性)

母の使っていた茶道具を売るのに一部手元に残したいと考えており、そのアドバイスをしてくれるところで選びました。もう1社頼んだのですが、若いお兄さんが来てお話にならなくて。 

(40代 男性)

エリア対応店舗のご案内

北海道 札幌店

北海道 札幌店
所在地北海道札幌市白石区菊水元町六条1丁目1-30
電話番号0120-808-896(電話対応時間:9~21時)
営業時間10:00〜18:00
定休日不定休
店舗詳細はこちら

茶道具・骨董品・美術品・絵画の査定は専門店にお任せください。

 「極上品の茶道具が眠る」との声もある北海道江別市。その作り手こそ、“釉薬の達人”と称される陶芸家「小森忍」です。江別市には、小森忍の手がけた日の目を見ない名茶道具が多くあるといわれています。

 一般には、日本における“青磁のトップランナー”として知れわたる小森忍。30代前半で青磁の発祥地・中国にわたり、現地に「小森陶磁器研究所」を設けたほどです。中国に滞在する前は京都陶磁器試験所に10年ほど勤めており、後輩には河井寛次郎や濱田庄司といったビッグな顔ぶれも。のちに“陶磁器界の三天才”として名を轟かせる原点を経て、小森忍は中国で成功を遂げました。

 晩年は終の棲家となる江別市に移住し、開窯した野幌地区で引き続き釉薬研究や作陶に励んだ小森忍。江別市を選んだ理由は、窯業の発展を支える地場産の「陶土」などが決め手になったといわれています。茶道具に関しては、生涯を通して中国産の曜変天目茶碗の研究を続けていた、という資料も。

 曜変天目茶碗といえば、世界に3つしか現存せず、いずれも日本の国宝として収蔵されている最高峰の茶道具。小森忍が残した現存する茶道具には「蝦夷天目茶碗」といった一級品はあるものの、それを遥かに上回るのが曜変天目です。江別市では、小森忍の陶芸品を所有する企業や個人からの寄贈も少なくないだけに、幻の曜変天目茶碗の所在が注目されています。

 茶道具と共に長い歴史を築く茶道ですが、江別市にも表千家の教室が以前より開催されております。表千家とは、わび茶の完成者で茶聖「千利休」の家督を継ぐ、茶道流家です。又、歴代の家元は紀州徳川家の茶頭として格式を誇り、日本の三大財閥の一つ三井家との縁もあったと言われています。又、歴代の中でも四代目「江岑宗左」六代目「覚々斎」七代目「如心斎」、14代目「而妙斎」15代目「猶有斎」が愛用していた、お茶道具は高価査定買取対象です。お持ちの際は、お声掛け下さいませ。

 茶道具買取えんやでは、茶の湯との接点を多く持つ江別市で、茶道具・茶器・煎茶器の買取、査定や鑑定も積極的に実施しています。茶道具・茶器・煎茶器を売却する際は、ぜひ茶道具買取えんやまでご用命ください。丁寧に対応させていただきます。また昨今は千家十職の買取頻度が高まるなか、江別市においても例外ではありません。

【茶道具売却における千家十職一覧】
・永樂善五郎
京焼の家元で土風炉・焼物師として代々、受け継がれている。永樂善五郎の「土風炉」は素焼きに黒漆を重ね塗りしたり、表面を磨き上げた作品が特徴である。
・中村宗哲
当初は、蒔絵を施した家具などを製作していたが、明治以降は茶道具の塗師を専業とし400年続く十職家の塗師である。三代目の宗哲は、表千家6代目「覚々斎」7代目「如心斎」から可愛がられていたとの一説もあります。
・駒沢利斎
三千家御用達の指物師として、炉縁・香合・棚などの制作をおこなっている。実際に、千家との繋がりを持ったのは、2代目「宗慶」が千宗旦から指物制作の依頼を受けたのが初めてとされている。
・土田友湖
仕覆・角帯・服紗などの茶入製作を専業とする袋師。元々は、西陣織の仲買人を生業としながら袋物仕立ての修行中をし、表千家6代目「覚々斎」に可愛がられ茶入れの仕覆などを制作するようになったと言われております。
・中川浄益
京都を拠点に代々、精巧な金工技術を継承してきた、茶道具の製作を主軸とする金物師。優れた金工技術で精巧な茶道具の制作を得意とし槌物と鋳物作品が主である。
・奥村吉兵衛
風炉先屏風や紙釜敷、軸装などの製作にあたる三千家御用達の表具師。初代「吉右衛門」が承応3年に表具屋を創業し、2代目が「覚々斎」の仲介により徳川家ならびに、表千家の専門表具師になる。
・樂吉左衛門
初代の長次郎は、黒釉を使った茶碗制作において突出した技術を持っていたと言われております。長次郎の死後、妻の宗慶が豊臣秀吉から「樂」の印を与えられ、此れが樂家の始まりとされている。
・飛来一閑
「一閑張」と呼ばれる漆工芸の一種で、初代の一閑が日本での「一閑張」創始者である。大徳寺の和尚「清巌宗渭」からの紹介で、千宗旦と出会い「一閑張細工」を施した小物の制作依頼を受ける様になったのが飛来家の始まりとされております。
・大西清右衛門
千家につかえ始めたのは6代目「浄元」からですが、2代目「浄清」の頃は古田織部や小堀遠州の茶釜師として、400年続く京釜師としての大西家の基礎を築いたと言われてます。
・黒田正玄
初代「正玄」は、豊臣秀吉に柄杓を収め「天下一」と言わしめた一阿彌に師事していたと言われている。後に大徳寺に参禅していたことで千宗旦と出会い、柄杓を収める様になり、竹細工や柄杓づくりほか、香合・台子・花入といった竹を用いた茶道具も製作する。

 表千家や裏千家が「点前(てまえ)」の際に用いる道具一式の査定・鑑定はもちろん、稽古で使われる茶道具・茶器・煎茶器の買取も対応しております。茶室を設ける寺社仏閣が歴史的な茶道具を所持するケースも多く、そうした買取実績も豊富です。

 実は、古代中国・朝鮮の茶道具、はたまた日本の歴史的な茶器の買取が多いのも、北海道江別市という土地柄ならではの特徴です。主な買取例として、中国古染付茶器や南蛮古陶磁器、安南茶器、朝鮮茶碗、桃山茶陶などが挙げられます。おかげさまで中国製や朝鮮製などに見られる、時代特有の査定および鑑定ノウハウにも定評をいただいております。茶道具・茶器・煎茶器の売却をご希望される際は、安心してご連絡ください。

 まずは買取専用フリーダイヤル0120-808-896またはメール、ライン画像による簡単無料買取・査定までお気軽にご連絡下さい。

著作権について

買取品目一例

中国煎茶器、朝鮮煎茶器、朝鮮茶器、南蛮茶道具、南蛮古陶磁器、安南茶道具、李朝白磁、高麗青磁、茶掛軸、中国禅僧書画掛軸、日本禅僧書画掛軸、黄檗僧書画掛軸、表千家、裏千家、武者小路千家、久田流、堀内流、小堀遠州流、藪内流、山田宗偏流、速水流、石州流、江戸千家川上不白流、大日本茶道学会など各流派の茶道具、茶器、煎茶器、釜、棚、風炉先屏風、立礼セット、懐石セット、朝鮮風炉釜、茶碗、棗、茶杓、茶入、茶壺、花入、炉縁、香合、茶籠、水指、おけいこ用の茶道具など
表千家 歴代家元
而妙斎、即中斎、惺斎、碌々斎、吸江斎、了々斎、啐啄斎、如心斎、覚々斎、随流斎、逢源斎(江岑宗左)、宗旦、少庵、千利休
裏千家 歴代家元
坐忘斎、鵬雲斎、淡々斎、圓能斎、又玅斎、玄々斎、認得斎、不見斎、又玄斎、最々斎、六閑斎、不休斎、臘月庵(仙叟宗室)
武者小路千家 歴代家元
不徹斎、有隣斎、愈好斎、一指斎、以心斎、好々斎、一啜斎、直斎、静々斎、文叔、似休斎
千家十職
樂吉左衛門、大西清右衛門、中村宗哲、駒沢利斎、中川浄益、土田友湖、奥村吉兵衛、飛来一閑、黒田正玄、西村(永楽)善五郎
人間国宝(重要無形文化財)
荒川豊蔵、三輪休雪、三輪休和、三輪壽雪、鈴木蔵、金重陶陽、山本陶秀、清水卯一、石黒宗麿、加藤卓男、加藤孝造、浜田庄司、富本憲吉、徳田八十吉、藤本能道、加藤土師萌、藤原啓、藤原雄、田村耕一、山田常山、伊藤赤水、酒井田柿右衛門、今泉今右衛門、吉田美統、近藤悠三、音丸耕堂、松田権六、魚住為楽、長野垤志、角谷一圭、高橋敬典、鈴木盛久、玉川宣夫、生野祥雲斎、三浦小平二、飯塚小玕齋、前田竹房斎、早川尚古斎、勝城蒼鳳、黒田辰秋(黒田正玄)、川北良造など
茶陶
大樋長左衛門、小川長楽、中村道年、真葛香山、西村徳泉、高取八山、小峠丹山、久世九宝、中里重利、亀井味楽、市野信水、加藤芳右衛門、金重道明、三浦竹泉、杉本貞光、木村盛康、山本雄一、森陶岳、寄神崇白、森岡喜祥、瀧口喜矢爾、宮川香雲、高橋道八、大迫みきお、赤澤露石、手塚充、中村翠嵐、吉賀大眉、永楽紘一、林淡幽、古谷道夫、三輪栄造、小川裕起夫、吉向十三軒、坂倉新兵衛、田原陶兵衛、古川利夫、川瀬忍、西岡小十、加藤十右衛門など
漆芸家
音丸淳、鈴木雅也、前端雅峯、辻石斎、池田巌、一瓢栄造、清水一光、川端近左、一后一兆、高木玉栄など
金工家
井伏圭介、吉羽興兵衛、般若勘渓、魚住安彦、角谷興斎、長野裕、高木治郎兵衛、金谷五郎三郎、畠春斎、本間琢斎、秦蔵六、上田浩史、一ノ瀬宗辰、北村静香、和田美乃助、鈴木長吉(鈴木嘉幸)など
木・竹工芸
一瀬小兵衛、萩井好斎、橋村萬象、川本光春、黒田宗傳、五世早川尚古斎、黒田正玄、田辺小竹、阿部基、生野徳三、西川煤玄、池田潔、和田和一斎など

江別市 買取対応エリアのご案内

1条、2条、3条、4条、5条、6条、7条、8条、あけぼの町、あさひが丘、朝日町、いずみ野、一番町、江別太、王子、大麻、大麻泉町、大麻扇町、大麻北町、大麻栄町、大麻桜木町、大麻沢町、大麻新町、大麻園町、大麻高町、大麻中町、大麻西町、大麻晴美町、大麻東町、大麻ひかり町、大麻南樹町、大麻宮町、大麻元町、角山、上江別、上江別西町、上江別東町、上江別南町、工栄町、幸町、篠津、新栄台、高砂町、中央町、対雁、東光町、豊幌、豊幌花園町、豊幌はみんぐ町、豊幌美咲町、中島、錦町、西野幌、野幌寿町、野幌末広町、野幌住吉町、野幌屯田町、野幌東町、野幌松並町、野幌美幸町、野幌代々木町、野幌若葉町、野幌町、萩ケ岡、東野幌、東野幌町、東野幌本町、文京台、文京台東町、文京台緑町、文京台南町、牧場町、緑ケ丘、緑町西、緑町東、美原、見晴台、向ケ丘、萌えぎ野中央、萌えぎ野西、萌えぎ野東、元江別、元江別本町、元野幌、元町、八幡、弥生町、ゆめみ野東町、ゆめみ野南町、若草町

充実の買取項目

人間国宝・文化勲章受章者
0120-808-896 買取のご相談 LINE査定 このページの先頭へ