美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。女性スタッフもお伺い致します。

向日市骨董品・古美術品買取査定

 私ども古美術・骨董えんやでは、京都府向日市において骨董品、古美術品、工芸品、掛軸、中国骨董品、中国古美術品、仏教古美術品、仏教絵画掛軸、朝鮮古美術、朝鮮民画掛軸、中国古陶磁器、朝鮮古陶磁器、高麗青磁、李朝白磁、唐物骨董品、唐物書画掛軸、安南古陶磁器、南蛮古美術品、桃山古陶磁器、桃山古書画掛軸、現代工芸品、人間国宝(重要無形文化財保持者)などの工芸品、文化勲章受章者の作品、現代美術品などの買取・査定・鑑定を行っております。京都府向日市への出張買取はもちろん、店頭買取・持込買取(京都府西京区店)、宅配買取も行っております。又、メール、ライン画像による簡単無料買取・査定も受け付けておりますので、お気軽にご利用下さい。

お持込買取の際は不在にしていることもございますので必ず事前のアポイントメントをお願い致します。また宅配買取の場合、発送前に一度ご連絡ください。発送時の注意点等お伝え事項がございます。

骨董品買取品目

鑑定人のご紹介

鑑定人 遠藤大祐
出身高校 法政二高 [ 野球部OB ]
出身大学 法政大学社会学部
加盟団体 東京商工会会員/東京美術倶楽部 桃李会会員/東京美術倶楽部 親和会会員/全国美術商連合会会員

ごあいさつ

お電話一本で、お客さまのご希望のお時間に出張させて頂き、高値でお取引き致します。 お引越、相続・遺産整理・遺品整理、ご自宅の建て替え等による荷物の整理・処分の際は是非ご一報下さい。その他何でもご相談ください! また当店では女性スタッフ(着物・ブランド等担当)もお伺いいたします。

えんやPR動画をどうぞご覧ください

出張買取の流れ

1

お問い合わせ・訪問日調整

お電話・メール・LINEにてお問い合わせをいただき、専門の担当者がご相談内容をお伺いし出張査定の日程を決めさせていただきます。

2

ご訪問

事前に、お客様と調整いたしました日程と場所に鑑定士がお伺いさせていただきます。

3

お品物の査定

軒先・玄関先などにて、ご要望のお品を直接拝見し査定金額をお伝えさせていただきます。

4

査定金額にご納得をいただきましたら、お支払いいたします。

査定金額にご納得をいただけましたら、即現金にてその場でお支払いいたします。

また、お振込をご希望の際には翌営業日にお振込みさせていただきます。

※出張料やその他費用は、いかなる場合であってもいただきません。

向日市の豊富な買取実績

  • 斎田梅亭
    斎田梅亭
  • 十三代今右衛門
    十三代今右衛門
    色鍋島花瓶
  • 北大路魯山人
    北大路魯山人
  • 木彫仏
    木彫仏

えんやをご利用頂いたお客様の声

この先使うことはないだろうと処分を考えたものが掛軸です。祖父の代から引き継いだ掛軸ですが、家宝として保存することも狭い家なので難しいです。数点を手元に残してあとは全部買取してもらいました。

(30代 男性)

子供達に負担をかけたくないという思いで、自分たち夫婦で解決しようと早めに取り組むことにしました。主人は古い陶磁器類を好んで集めておりましたので大きなものはかなりの重量です。火鉢などは移動できずにそのままの状態でした。迅速な査定で全部運んでくださって助かりました。心が軽くなりました。

(60代 女性)

離れた実家の片付けを姉と手伝っていました。週末に時間を合わせ整理して捨ててを繰り返していましたがなかなかはかどらず悩みのタネでした。祖父母の代から残る骨董品は捨てることはできないし、私達も欲しくないので困りました。ネット上でたくさんの情報を得ることができるので早く調べてみたらよかったと後悔しました。

(40代 女性)

エリア対応店舗のご案内

京都府 西京区店

京都府 西京区店
所在地〒610-1146 京都市西京区大原町西境谷町2-14-5
電話番号0120-808-896(電話対応時間:9〜21時)
営業時間9:00〜20時
定休日不定休
店舗詳細はこちら

茶道具・骨董品・美術品・絵画の査定は専門店にお任せください。

 京都府向日市の歴史を現代に伝える「一文橋」は、日本初の有料橋とされています。かつての向日市では小畑川が氾濫を繰り返すたびに、一文橋を架け替えていたそうです。そのため修繕資金がかさんだことから、橋に通行料を設けたのが由来といわれています。現に一文橋の袂には「一文銭」の銅像が設置され、それは向日市における数少ないシンボルマークの一つともいえるでしょう。

 京都人の中には、そんな“貨幣”に敏感なコレクターも少なくないはず。貨幣づくりにおいて真っ先に名が挙げる人物といえば、明治時代を代表する金工師・加納夏雄でしょう。金工および彫金界では、超レジェンドと評される歴史的人物です。幕末期に京都市内で生まれた加納夏雄は、12歳の頃に彫金師・奥村庄八の門を叩き、19歳で金工師として独立を果たします。そこから20代半ばで上京したのち、約15年の歳月をかけた技術は皇室御用に命じられるほど上達。明治維新に伴い改正した貨幣制度では、加納夏雄考案の龍銀貨が採用されます。それは従来の小判や穴あき銭ではなく、龍もしくは菊の紋章を配した近代的な西洋硬貨の幕開けでした。その後も明治天皇から「水龍剣」の作成を命じられたり、第1回帝室技芸員(現在の人間国宝に相当)に選ばれたりなど、名実ともに日本トップクラスの金工師として名を馳せました。

 ちなみに京都界隈で金に魅了された職人は数多く、截金師の齋田梅亭もその一人です。薄く打ち延ばした金を主とし、それらを仏像や仏画などに施す伝統技法を截金(きりかね)といいます。いわゆる金箔を用いた特殊技術のことで、齋田梅亭の場合は茶道具の分野で多くの傑作を残しています。最晩年には加納夏雄同様、「截金の人間国宝」に認定されました。

 古美術骨董えんやでは京都府向日市を対象に、古美術品や骨董品の買取・査定・鑑定を積極的に実施中です。現代美術工芸品をはじめ、人形師作家物や木竹工芸品、ガラス工芸品、陶芸、彫刻、蒔絵漆芸といったものまで、広範囲にわたって対応しています。なかでも多彩な芸術性を誇った「北大路魯山人」と「河井寛次郎」は、多くの方が知る人気の作家です。両雄が残した作品は陶芸にとどまることなく、書道家としても高い評価を得る歴史的な人物です。古美術骨董えんやは、作家のそうした潜在性にも着目しています。古書画の掛け軸はもちろん、お客様ご自身が「これはお宝だ!」と思う骨董品や古美術品でも構いません。売却をご希望される際は、ぜひ古美術骨董えんやまでご連絡ください。向日市まで出張させていただき、買取いたします。

主な現代美術工芸品については、以下の通りです。

【日本の現代美術工芸品】
・金工(加納夏雄、齋田梅亭)・陶芸・漆芸・彫刻・ガラス・人形・木竹・染織・截金

 一方、古美術骨董えんやならではといえるのが、中国の骨董品・古美術品の買取実績を有する点です。代表例として、中国の元・明・清時代における、書画掛軸や陶磁器、家具、文房四宝(硯、墨、筆、筆洗い、文鎮、筆架、硯屏、印材、筆筒など)や中国仏教美術、青銅器が挙げられます。またチベット金銅仏と呼ばれる、希少価値な骨董品の買取実績も少なくありません。おかげさまで中国製の査定や鑑定ノウハウに定評をいただいております。安南古陶磁器や南蛮古美術品、中国玉工芸品、中国堆朱工芸品などの売却をご希望される際は、安心してご連絡ください。

 中国から朝鮮半島に伝来し、独自の発展を幾度となく繰り返し価値を高めた「高麗青磁」などの取扱いも豊富です。特に青磁器は、12世紀ごろから高級名品として受け継がれており、朝鮮半島では抜群の価値を誇ります。また17世紀以降に朝鮮で発達した白磁器「李朝白磁」、李氏朝鮮時代の以前から伝わる格式の高い「高麗鍍金仏」も買取・売却で人気のある骨董品です。

そのほか、ヨーロッパ発祥の現代美術工芸品の取り扱いもあります。

【ヨーロッパの現代美術工芸品】
ブロンズ彫刻:パブロ・ピカソ、オーギュスト・ロダン、ジャン・コクトー、オシップ・ザッキン
ガラス:エミール・ガレ、ナンシー・ドーム、ルネ・ラリック、アルジー・ルソー、アルマリック・ワルター
陶磁器:バーナードリーチ、ルーシーリー

 ヨーロッパや中国に限らず、アメリカ産をはじめとする世界各国の買取実績も豊富です。また、日本古来の木彫仏や石仏の依頼も多くあります。京都府向日市で骨董品や古美術品の売却をご希望でしたら、ぜひ古美術骨董えんやへの買取査定をご用命ください。

 まずは買取専用フリーダイヤル0120-808-896またはメール、ライン画像による簡単無料買取・査定までお気軽にご連絡下さい。

著作権について

買取品目・買取対象の工芸作家一例

【買取品目一例】
武具、甲冑、火縄、刀剣、鍔、小柄、目貫、印籠、根付、時代蒔絵、蒔絵香箱、香合、香筒、蒔絵香盆、香道具、香炉、キセル、キセル筒、煙草入、提げ物、金蒔絵印籠、象牙印籠、芝山象嵌印籠、象牙彫刻印籠、象牙彫根付、饅頭根付、現代根付、時代根付、火鉢、鉄瓶、銀瓶、銅瓶、蒔絵囲碁盤、古布、着物、明治・大正・昭和の軍服、軍装品、勲章、掛軸、硯、墨、筆、筆筒、古銅置物、仏画、仏像、墨跡、中国仏像、朝鮮仏像、ガンダーラ石像、中国清時代陶磁器、中国清時代書画掛軸、中国近代書画掛軸、中国切手、時代家具、ランプ、オイルランプ、大名時計、懐中時計、文房具、硯、古銭、銭箱、看板、レトロなおもちゃ、古地図、古伊万里、古九谷、古唐津、古備前、古信楽、古志野、古丹波、古瀬戸、鉄道模型、自動車模型、軍服、軍刀、和本、江戸本、浮世絵美人画、浮世絵版画、春画巻物、仏画、仏画掛軸、日本古書画掛軸、室町骨董品、室町古美術品、中国現代工芸品、中国古書画掛軸、中国仏画掛軸、中国墨蹟掛軸、桃山骨董品、桃山古美術品、江戸骨董品、江戸古美術品、仏教古美術品、仏教骨董品、仏教美術品、仏教絵画掛軸、仏像骨董品、仏像品、朝鮮工芸品、朝鮮民画掛軸、朝鮮古書画掛軸、朝鮮仏教絵画掛軸、韓国骨董品、中国古陶磁器、朝鮮古陶磁器、高麗青磁、李朝白磁、李朝民画掛軸、李朝家具、李朝工芸品、唐物骨董品、唐物書画掛軸、南蛮骨董品、唐物仏像、安南骨董品、安南古陶磁器、南蛮古美術品、南蛮骨董品、桃山古陶磁器、桃山古書画掛軸、時代家具、中国古家具、現代工芸品、中国工芸品、中国現代工芸品、中国清・明・元時代書画掛軸、中国清・明・元時代陶磁器、時代家具、中国時代家具、古布、現代美術品、現代工芸品など
【買取対象の工芸作家一例】
陶芸家
北大路魯山人、河井寛次郎、川喜田半泥子、濱田庄司、富本憲吉、石黒宗麿、板谷波山、尾形乾山、青木木米、奥田頴川、野々村仁清、仁阿弥道八、加藤唐九郎、岡部嶺男、清水卯一、真葛香山、鈴木蔵、青木龍山、宮之原謙、酒井田柿右衛門、今泉今右衛門、沈壽官、中里太朗右衛門、近藤悠三、藤本能道、加藤土師萌、加藤卓男、加藤孝造、葉山有樹、バーナードリーチ、ルーシーリー、島岡達三、初代徳田八十吉、三代徳田八十吉、吉田美統、荒川豊蔵、田村耕一、上出喜山、鈴木治、三輪休雪、三輪壽雪、松井康成、三浦小平二、山田常山、井上萬二、楠部彌弌、島田文雄、金重陶陽、小山冨士夫、栗木達介、諏訪蘇山、細川護熙、武腰潤、前田昭博、中田一於、月形那比古、加守田章二、八木一夫、和太守卑良など
漆芸家
柴田是真、小川破笠、六角紫水、白山松哉、植松包美、植松抱民、松田権六、高野松山、音丸耕堂、音丸淳、堆朱楊成、田口善国、飯塚桃葉、古満寛哉、室瀬和美、大場松魚、赤地友哉、増村益城、増村紀一郎、高橋節郎、北村昭斎、大田儔、江里佐代子、佐治賢使、赤塚自得、山崎覚太郎、玉楮象谷、川之辺一朝、池田泰真、前大峰、磯井如真、塩多慶四郎、寺井直次など
竹・木工芸
飯塚琅玕斎、飯塚小玕斎、早川尚古斎、田辺竹雲斎、大野昭和斎、木内喜八、木内半古、生野祥雲斎、前田竹房斎、田辺小竹、黒田辰秋、氷見晃堂、中臺瑞真、川北良造、中川清司、村山明、秋山逸生など
彫刻家
高村光雲、山崎朝雲、米原雲海、佐藤朝山(佐藤玄々)、朝倉響子、舟越保武、舟越桂、清水多喜示、石井鶴三、高田博厚、澤田政廣、平櫛田中、平野富山、高村光太郎、藪内佐斗司、佐藤忠良、本郷新、中村直人、中原悌二郎、円鍔勝三、柳原義達、北村西望、北村四海、澄川喜一、菊池一雄、淀井敏夫、十時孝好、木内克、中村晋也、橋本賢太郎、流政之、朝倉文夫、保田龍門、長江録弥、桜井祐一、建畠覚造、晝間弘、山本豊市、矢崎虎夫、藤川勇造など
海外彫刻家
パブロ・ピカソ、オーギュスト・ロダン、ジャン・コクトー、オシップ・ザッキン、アリスティト・マイヨール、アントワーヌ・ブールデル、アルベルト・ジャコメッティ、ギュスターブ・モロー、マリノ・マリーニ、ヘンリー・ムーアなど
ガラス工芸作家
藤田喬平、岩田藤七、藤田潤、岩田久利、石井康治、黒木国昭など
金工家
加納夏雄、海野勝珉、香取秀真、香取正彦、山田宗美、横谷宗珉、明珍、高瀬好山、大島如雲、鈴木長吉、高村豊周、鹿島一谷、鴨下春明、中川衛、後藤一乗、北村静香、鈴木盛久、玉川宣夫(玉川堂)、関谷四朗、海野美盛、秦蔵六、津田信夫、富永直樹、金森映井智、正阿弥勝義、西出大三、本間琢斎、海野清、香川勝広、佐々木象堂、内藤四郎など
七宝焼
並川靖之、濤川惣助、安藤重兵衛、林小傳治など
人形師
平田郷陽、平田陽光、岡本玉水、堀柳女、野口園生、秋山信子、鹿児島寿蔵、奥田百合女など
牙彫師
安藤緑山、旭玉山、石川光明、森田藻己、懐玉斎正次、明鶏斎法實など
刀剣家
宮入昭平、月山貞一、隅谷正峯、川瀬雅博、宮入行平、高橋貞次、大隅俊平、天田昭次など
染織・染色家
芹沢銈介、木村雨山、中村勝馬、清水幸太郎、千葉あやの、森口華弘、森口邦彦、喜多川平朗、田畑喜八、山田貢、細貝華岳、小宮康孝、志村ふくみ、北村武資、龍村平蔵、平良敏子、小宮康助、小宮康孝、中村勝馬、小川善三郎、小川規三郎、佐々木苑子、村上良子、古賀フミ、玉那覇有公、甲田栄祐、甲田綏郎など

向日市 買取対応エリアのご案内

鶏冠井町、上植野町、寺戸町、向日町、物集女町、森本町

充実の買取項目

人間国宝・文化勲章受章者
0120-808-896 買取のご相談 LINE査定 このページの先頭へ