美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。女性スタッフもお伺い致します。

神戸市東灘区西洋アンティーク、不用品買取査定

 私どもアンティーク買取えんやでは兵庫県神戸市東灘区においてアンティーク、アンティークガラス、アンティーク陶磁器、アンティークドール、アンティークドレス、アンティーク時計、アンティークジュエリー、アンティーク家具、アンティークランプ、アメリカン雑貨、ファイヤーキングなどの買取・査定、鑑定を行っております。又、相続の中から出てきた遺品整理品、その他、引越、建替、実家整理などで出てきた処分してしまうにはもったいない、忍びない不要品、不用品などの買取・査定も行っております。兵庫県神戸市東灘区への出張買取はもちろん、店頭買取・持込買取(えんや神戸店・姫路店)、宅配買取も行っております。又、メール、ライン画像による簡単無料買取・査定も受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい。

お持込買取の際は不在にしていることもございますので必ず事前のアポイントメントをお願い致します。また宅配買取の場合、発送前に一度ご連絡ください。発送時の注意点等お伝え事項がございます。

アンティーク・不用品買取品目

鑑定人のご紹介

鑑定人 遠藤大祐
出身高校 法政二高 [ 野球部OB ]
出身大学 法政大学社会学部
加盟団体 東京商工会会員/東京美術倶楽部 桃李会会員/東京美術倶楽部 親和会会員/全国美術商連合会会員/東京美術倶楽部 桃椀会会員

ごあいさつ

お電話一本で、お客さまのご希望のお時間に出張させて頂き、高値でお取引き致します。 お引越、相続・遺産整理・遺品整理、ご自宅の建て替え等による荷物の整理・処分の際は是非ご一報下さい。その他何でもご相談ください! また当店では女性スタッフ(着物・ブランド等担当)もお伺いいたします。

 

会社概要はこちら

えんやPR動画をどうぞご覧ください

出張買取の流れ

1

お問い合わせ・訪問日調整

お電話・メール・LINEにてお問い合わせをいただき、専門の担当者がご相談内容をお伺いし出張査定の日程を決めさせていただきます。

2

ご訪問

事前に、お客様と調整いたしました日程と場所に鑑定士がお伺いさせていただきます。

3

お品物の査定

軒先・玄関先などにて、ご要望のお品を直接拝見し査定金額をお伝えさせていただきます。

4

査定金額にご納得をいただきましたら、お支払いいたします。

査定金額にご納得をいただけましたら、即現金にてその場でお支払いいたします。

また、お振込をご希望の際には翌営業日にお振込みさせていただきます。

※出張料やその他費用は、いかなる場合であってもいただきません。

神戸市東灘区の豊富な買取実績

  • ドーム
    ドーム
  • マイセン・ヘレンド・ウエッジウッド
    マイセン・ヘレンド・ウエッジウッド
  • 今泉今右衛門
    今泉今右衛門
  • 着物
    着物

えんやをご利用頂いたお客様の声

身の回りの整理でまとめた品物(アンティーク陶磁器・ヴィンテージ雑貨・北欧雑貨など)は今回手放そうと決断したので、心変わりしないうちにと早めに買取に来ていただきました。急な日程でご無理を言ってしまいましたが快く引き受けてくださってありがとうございました。ジャンクな雑貨も買取可能で本当に助かりました。

(30代 女性)

妻が大切にしていたヨーロッパの陶磁器を大量に保管しておりました。リビングに飾っているもの以外に段ボール箱に梱包して5箱もありました。私が見てもどのくらいの価値があるものかわかりません。お電話でご案内いただいた通り携帯電話で撮影して送りました。不安もありましたが細かい指示をしてくださったのでとても助かりました。

(60代 男性)

知らない方が自宅に来ることに対して抵抗がありましたので、まずはお電話で確認してから決めました。出張してくださったスタッフさんは大変気さくに話をしてくださって終始安心できました。アンティークジュエリー・カメオなど一つ一つ大切に集めてきたものです。買取していただいた後は気に入った方のところへ届くのであれば嬉しいです。

(70代 女性)

エリア対応店舗のご案内

神戸店

神戸店
所在地〒653-0843 兵庫県神戸市長田区御屋敷通6-4-7
電話番号0120-808-896(電話対応時間:9〜21時)
営業時間9〜18時
定休日日曜日
店舗詳細はこちら

姫路店

姫路店
所在地〒670-0965 兵庫県姫路市東延末2-38
電話番号0120-808-896(電話対応時間:9〜21時)
営業時間9〜18時
定休日不定休
店舗詳細はこちら

茶道具・骨董品・美術品・絵画の査定は専門店にお任せください。

 兵庫県東灘区には、土地柄を生かしたアンティークショップが多くあります。その理由は、神戸港から近い距離に位置することに尽きるでしょう。と言うのも、西洋に見られる海外アンティークを仕入れる場合、どうしても運搬費用が伴いがちです。日本におけるアンティーク事情では、「そのリスクは避けたい」と考えているオーナーも少なくありません。そのため東灘区のように運搬アクセスに恵まれたところでは、現地で買い付けを行うアンティークショップが多い傾向にあります。

 東灘区の新名所「六甲アイランド」で営業するアンティークショップが、その1つ。主にヨーロッパで品定めしたアンティーク品の数々を、コンテナ輸送で調達。かつてスコットランドで人気を博した幻のアンティークガラス「ストラサーン」から、イギリスの富裕層から支持を集めたカウチソファーまで、大小さまざまな品揃えが特徴です。またアンティーク家具といえば、甲南山手駅から程近い場所で営業するアンティークショップが有名どころ。こちらでは、イギリスアンティークを代表する「チェスターフィールドソファ」など、より高級志向かつ重厚な家具を専門に扱っています。

 そんな東灘区は、外国人居住者および滞在者が多いとう一面も。特に六甲アイランドには、インバウンドをもてなすホテルから各種インターナショナルスクールまでが揃っており、外国人と共存する風土が根付いているそうです。こうした事情を踏まえると、東灘区のアンティーク文化は「これからも発展の一途を遂げていく」と言っても過言ではないでしょう。

 アンティーク買取えんやでは東灘区を対象とした、西洋アンティークの査定・鑑定・買取を実施しています。「現代ヨーロピアン」や「アメリカン」といわれる現代工芸品の買取も大歓迎です。

 陶磁器の有名どころではマイセンをはじめ、ヘレンドやセーブル、ロイヤルコペンハーゲン、ウェッジウッドが挙げられます。ガラスに関してはバカラやモーゼル、サンルイ、マイセンクリスタルなどが、人気の代表例です。カントリーグッズ、ファイヤーキングやアメリカン雑貨、一般的なブランド品・贈答品といった買取査定も行っております。

 取り扱うジャンルが、ガラス・陶磁器・ドール・レース・ブロンズ工芸品・銀製品・家具、と幅広いのがアンティーク買取えんやの強みです。

【ジャンル別の代表例】
ガラス:エミール・ガレ、ナンシー・ドーム、ルネ・ラリック、アルジー・ルソー、アルマリック・ワルター、オールドバカラ
陶磁器:オールドマイセン、KPM、オールドセーブル
ドール:ジュモー、ゴーチェ、ブリュ
家具:ガレ、マジョレル

 自慢の逸品を売却されるなら、ぜひアンティーク買取えんやに買取査定をご用命ください。東灘区まで出張させていただき、買取いたします。

 そのほか「美術館で見た」「百貨店で購入した」「海外土産」など、幅広いアンティーク作品に対応しております。もし売却希望品の判断に迷うようでしたら「これは家のアンティーク」と思うものでも構いません。早急に売却をご希望される場合は、その旨をお伝えください。精一杯の対応をさせていただきます。

【奥深きアンティークガラスの世界! 】
世界のコレクターを魅了してやまないアンティークガラス。なかでもスワロフスキーなどに見られるクリスタルガラスが、アンティークガラスにおける「最高ランク」とイメージする人は多いでしょう。確かにスワロフスキーやバカラが手がけるクリスタルガラスは、ダイアモンドにも引けを取らない輝きを放ちます。もちろん、それらのクリスタルガラスが「市場で上位独占」というケースも珍しいことではありません。

 とはいえ時に“色ガラス”が、市場を大いににぎわせることもあります。その代表格であるエミール・ガレは、発色にとどまらず、ガラスの表面に文様や文字を浮き彫りにする彫刻技術「グラヴュール」をもって、深みまで表現しているのが特徴です。またガレの影響を受けたナンシー・ドーム(ドーム兄弟)も、被せガラスだったり、2層のガラス間に装飾を施すアンテルカレールなどの技術を駆使し、より高貴な作品を多く残しています。

 そしてこの両雄は、かつてヨーロッパ全土を巻き込んだ、アールヌーヴォーと呼ばれる芸術運動において、フランスの主要人物と目される存在。ともにジャポニズムに触発され、複雑な色彩が奏でる重厚感で一時代を築くことに。いわばガレやドーム兄弟は「古伊万里に近い絵付け」の芸術作品、一方のバカラなどに見られるクリスタルガラスは宝飾品といえるでしょう。

 このような区分けの観点からすると、色ガラスはステンドグラス、現代に至ってはヴェネツィアングラスの方が、しっくりくるかもしれません。淡い色調で約2000年の歴史を誇るステンドグラスに対して、カラフルなポップ調が持ち味のヴェネツィアングラス。後者はカルロ・モレッティの代表シリーズ「カリチ」が世界中のコレクターを魅了し、前者は言わずと知れた色ガラスの代名詞的な存在です。

 そんなステンドグラスは、ヴェネツィアングラスの先祖であるローマングラスの時代が起源といわれています。当時はローマングラスによってガラス生産が確立され、教会を中心に普及したステンドグラスの発色技術も一気に広まった時期。それ以前は不透明なガラスが主流のなか、ローマングラスによって透明へと調節する技術が生まれ、同時に発色調整も進化していったとされています。

 ちなみに現代のガラスには透明度の定義と、発色の原理も。近年の日本では、クリスタルガラスの信ぴょう性を明確にするために、光の屈折率を一律1.52以上と定義しています。これには段階も設けられており、鉛の含有量によって透明度が上がるという仕組みを持ちます。鉛は英表記で「lead」であることから、酸化鉛の含有量が最も高い30%以上を、最高ランクの「フルレッドクリスタルガラス」と定義。一方、酸化鉛ではなく、それに準ずる酸化カリウムや酸化亜鉛などを含む場合が、最下位の透明度であるカリクリスタルガラスです。これは通称「カリガラス」と呼ばれるもので、代表格としては、秀逸な彫刻技術に高い付加価値を持つ「ボヘミアンガラス」が挙げられます。

 チェコ発祥のボヘミアンガラスの発色は、ステンドグラスのような淡い色彩が特徴です。当初は、ボヘミアの天然資源を生かした木炭から、酸化カリウムが豊富に採取されるため、無色透明を持ち味としていたボヘミアンガラス。そこからアールヌーヴォーやアールデコ期に有色技術を採用していくようになり、元来の持ち味であったエッチング技法にバリエーションを持たせ、高級路線をたどっていきました。いわば淡い色調が売りのステンドグラスに、王室向けのオフィシャル風な彫刻デザインを施したのがボヘミアンガラスといえるでしょう。金銀仕様のゴブレットはもちろん、それらを部分的に用いたグラスなども多数あります。

 それとは別に色ガラスの原理は、元の原料に金属を加えるというシンプルなものです。一例を挙げれば主原料である硅砂、石灰石とソーダ灰に「銅」を加えると、水色になります。ただ焼き加減によっては、水色ではなく、赤に変化することもあるのです。一口に焼成と言っても、酸素を送る場合と、完全密閉の2つの焼き方があります。これは極端ですが、前者は通常の炎が出た状態で、後者は青白い炎と黒い煤が出るパターンです。前者の場合は銅が酸化して水色になり、後者だと銅から酸素が抜かれ赤色に変わります。これをよく化学では酸化・還元、あるいは完全燃焼・不完全燃焼といいます。

 太古の歴史を有するステンドグラスの発明者は定かではありませんが、おそらくガラスの製造工程を通して、酸化と還元の原理に気づいたのでしょう。そんなステンドグラスの価値を大いに高めた人物が、1900年代初頭に登場します。世界的ジュエリーブランド「ティファニー社」の2代目として、黎明期であった同社の名を世界に広めたルイス・カムフォート・ティファニーです。

 父の家業を受け継いだ宝飾デザイナーであり、ガラス工芸家でもあった2代目ティファニーは、アメリカにおけるアールヌーヴォーの第一人者として知られています。また自ら職に携わる傍ら、アートディレクターとしても才を発揮。そのマルチな活躍ぶりはエミール・ガレを彷彿させるものがあり、ともに同時代を生きたことから、双方が比較されることも少なくありません。そんな2代目ティファニーは、乳白色ガラスを基盤とし、ステンドグラスで覆う形にした電気スタンドが代表作。これは通称「ティファニーランプ」と呼ばれ、1997年のクリスティーズオークションで約3億5000万円の落札額を記録しています。

 こうした切り口でアンティークガラスの世界を見てみると、何もクリスタルガラスに見られる「透明度や屈折率だけが価値を決めるものではない」ということが、お分かりいただけたのでは。ガラス自体に輝度を持たなくとも、カッティングやエッチング技術だったり、発色度合だったり、はたまた色彩などで価値を伴うものもたくさんあります。「色ガラスだから捨てるに捨てられないでいる」「やっぱりクリスタルガラスは値打ちがあるんだ」など気がかりな点がありましたら、兵庫県東灘区のご自宅まで、いつでもアンティーク買取えんやが鑑定買取にお伺いいたします。

 まずは買取専用フリーダイヤル0120-808-896またはメール、ライン画像による簡単無料買取・査定までお気軽にご連絡下さい。

著作権について

買取品目一例

アンティークガラス
エミール・ガレ、ナンシー・ドーム、ルネ・ラリック、アルジー・ルソー、アルマリック・ワルター、ミューラー、ルイス・コンフォート・ティファニー、オールドバカラガラス、ヴェネチアガラス、ボヘミアガラス、ローマンガラスなど
アンティークドール
ジュモー、ゴーチェ、ブリュ、アーモンドマルセル、シモン&ハルビック、ケストナー、モリムラなど
アンティーク家具
イギリス、フランス、北欧、イタリア、中国、李朝、韓国、アメリカンカントリーなど
陶磁器
マイセン、ロイヤルコペンハーゲン、ヘレンド、ウェッジウッド、リヤドロ、KPM、ウースター、ミントン、セーブル、アウガルテン、ロイヤルドルトン、ロイヤルアルバート、ロイヤルクラウンダービー、ドレスデン、ロイヤルデルフト、リモージュ、柿右衛門、今右衛門、源右衛門、大倉陶園など
ガラス製品
バカラ、モーゼル、サンルイ、マイセンクリスタル、ドームガラス、ファイヤーキング、パイレックス、江戸切子ガラス、薩摩切子ガラス、ランプなど
楽器
三味線、琴、鼓、笛、琵琶、尺八、中国楽器、ギター、エレキギター、サックス、トランペット、フルートなど
民芸品
こけし、木彫置物、世界各国の民芸品、お土産類など
その他
無名画家の絵画や掛軸(プロ作品に限る)、中国の工芸品、掛軸、硯、墨、筆、ゴルフの優勝カップ、銀盃、銀の急須、銀瓶、鉄瓶、火鉢、ブランド品、贈答品、つぼ、花入、花籠、ブロンズ像、象牙、サンゴ、鼈甲、陶磁器、アンティーク着物、現代作家着物、タンス一竿の着物、帯留、かんざし、ジュエリー、貴金属、ブランドバック、小家具、美術書、和本、江戸本、レトロなおもちゃ、鉄道模型、鉄道アイテム、飛行機模型、自動車模型、趣味で集めていた物、コレクターズアイテム、芸能人アイテム、相撲アイテム、木彫仏、鋳金仏、石仏、青銅仏、象牙仏、サンゴ仏、渡金・銀仏、時計、懐中時計、レプリカの模擬刀、甲冑、兜、軍服、軍装品、勲章、メガネ、カメラ、望遠鏡、双眼鏡など

神戸市東灘区 買取対応エリアのご案内

魚崎中町、魚崎西町、魚崎南町、魚崎北町、魚崎浜町、渦森台、青木、岡本、鴨子ケ原、北青木、甲南台、甲南町、向洋町中、向洋町東、向洋町西、住吉台、住吉浜町、住吉本町、住吉東町、住吉南町、住吉宮町、住吉山手、田中町、西岡本、深江浜町、深江本町、深江南町、深江北町、本庄町、御影、御影石町、御影郡家、御影塚町、御影中町、御影浜町、御影本町、御影山手、本山北町、本山町岡本、本山町北畑、本山町田中、本山町田辺、本山町森、本山中町、本山南町、森北町、森南町

充実の買取項目

人間国宝・文化勲章受章者
0120-808-896 買取のご相談 LINE査定 このページの先頭へ