美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。女性スタッフもお伺い致します。

愛知県茶道具買取査定

私ども古美術骨董えんやは、愛知県内において茶道具・茶器・中国茶器などの買取査定鑑定を行っております。出張買取はもちろん、持込買取(愛知県名古屋市天白区の名古屋店)宅配買取も行っております。また、メール・LINE(ライン)にて簡単無料画像査定も受け付けておりますので、お気軽にご利用下さい。

お持込買取の際は不在にしていることもございますので必ず事前のアポイントメントをお願い致します。また宅配買取の場合、発送前に一度ご連絡ください。発送時の注意点等お伝え事項がございます。

茶道具買取品目

鑑定人のご紹介

鑑定人 遠藤大祐
出身高校 法政二高 [ 野球部OB ]
出身大学 法政大学社会学部
加盟団体 東京商工会会員/東京美術倶楽部 桃李会会員/東京美術倶楽部 親和会会員/全国美術商連合会会員

ごあいさつ

お電話一本で、お客さまのご希望のお時間に出張させて頂き、高値でお取引き致します。 お引越、相続・遺産整理・遺品整理、ご自宅の建て替え等による荷物の整理・処分の際は是非ご一報下さい。その他何でもご相談ください! また当店では女性スタッフ(着物・ブランド等担当)もお伺いいたします。

えんやPR動画をどうぞご覧ください

出張買取の流れ

1

お問い合わせ・訪問日調整

お電話・メール・LINEにてお問い合わせをいただき、専門の担当者がご相談内容をお伺いし出張査定の日程を決めさせていただきます。

2

ご訪問

事前に、お客様と調整いたしました日程と場所に鑑定士がお伺いさせていただきます。

3

お品物の査定

軒先・玄関先などにて、ご要望のお品を直接拝見し査定金額をお伝えさせていただきます。

4

査定金額にご納得をいただきましたら、お支払いいたします。

査定金額にご納得をいただけましたら、即現金にてその場でお支払いいたします。

また、お振込をご希望の際には翌営業日にお振込みさせていただきます。

※出張料やその他費用は、いかなる場合であってもいただきません。

愛知県での豊富な茶道具買取実績

  • 井上東也
    井上東也
  • 安藤日出武
    安藤日出武
  • 村瀬治兵衛
    村瀬治兵衛
  • 鵬雲斎直筆
    鵬雲斎直筆

愛知県エリア対応店舗のご案内

愛知県 名古屋店

愛知県 名古屋店
所在地〒468-0001 愛知県名古屋市天白区植田山4-1109
電話番号0120-808-896(電話対応時間:9~21時)
営業時間10:00~18:00
定休日不定休
店舗詳細はこちら

愛知県 豊明店

愛知県 豊明店

茶道具・骨董品・美術品・絵画の査定は専門店にお任せください。

私がお伺いいたします
愛知県担当愛知県担当

お電話一本で、お客さまのご希望のお時間に出張させて頂き、高値でお取引き致します。

お引越、相続・遺産整理・遺品整理、ご自宅の建て替え等による荷物の整理・処分の際は是非ご一報下さい。その他何でもご相談ください!また、当店では女性スタッフ(着物・ブランド等担当)もお伺いいたします。

茶道具、骨董品、絵画、掛軸、現代美術品、西洋アンティークその他幅広くお取り扱い致します。

また全国ネットワークのえんやでは、北は北海道から南は鹿児島まで出張買取致します。
まずはお電話にてご相談下さい。

愛知県には、茶道具や茶器を制作する陶芸家や窯業地域が存在します。茶道具や茶器・煎茶器を作る陶芸家でまず挙げられるのが、加藤唐九郎です。加藤唐九郎は、1898年愛知県瀬戸市に生まれます。家は半農半陶の窯業を営んでおり、幼少の頃から製陶に親しみます。16才の時に父より窯を譲り受けるが、利益優先の商売としての製陶に馴染めず、18才の時に経営に失敗してしまいます。20才で結婚し、瀬戸古窯の調査研究を始めます。翌年長男、嶺男(陶芸家 岡部嶺男)が誕生します。加藤唐九郎には嶺男の他に二男 裕、三男 重高(人間国宝 加藤重高)四男 四郎と男の子に恵まれます。古瀬戸窯研究と作陶に専念し、中国大陸を訪問し中国陶器を研究したりした結果、54才の時に織部焼で人間国宝(重要無形文化財保持者)となります。そして同じ時代に人間国宝となった荒川豊蔵、石黒宗麿、加藤土師萌、金重陶陽と「桃里会」を結成し、黄瀬戸などの作品を出品します。しかしその後永仁の壺事件により剥奪されます。この事件の後、加藤唐九郎は「一ム歳」の号を用いて作陶に専念し、パブロピカソとお互いの作品を交換したり、陶壁を生み出し、各地に足跡を残しました。88年間の生涯で数々の陶作を行ってきた加藤唐九郎ですが、中でも茶?には自他共に認める芸術性と高い人気があります。志野茶?、黄瀬戸茶?、織部茶?、黒織部茶?、瀬戸黒茶?など茶人にとっては垂涎の的と言える茶道具を作りました。愛知県内には多数の加藤唐九郎による茶道具・茶器が所蔵されていることでしょう。お手持ちの加藤唐九郎の茶道具・茶器をご売却の際は、古美術骨董えんやまで買取査定をご用命下さい。


また、愛知県常滑市には日本六古窯の一つ、常滑焼があります。常滑焼は平安時代末に知多半島を中心に、形成された焼物の産地で、当初は大型の壺などを作成していましたが、江戸時代後期には茶道具・茶器や酒器などの小物類も制作しています。幕末期には、杉江寿門堂(安平)が中国の茶壺の素材に近い朱泥を作り出し、急須や煎茶器などが作られるようになります。明治に入ると、常滑焼業界のリーダー鯉江方寿が、中国清朝の文人、金士恒を中国から招き、中国茶器・煎茶器の生産を多く始めます。昭和に入ると、急須の需要が高まると共に、朱泥の急須が数多く制作されます。その中の三代山田常山は、重要無形文化財保持者に認定されます。

古美術骨董えんやでは、山田常山作の茶道具・茶器・煎茶器及び中国茶器・中国茶道具の買取を強化しております。山田常山及び中国茶道具のご売却の際は、ぜひ古美術骨董えんやまでご用命下さい。


作家物の茶道具・茶器はもちろん、表千家・裏千家などの各流派お家元による自作・自筆の茶道具・茶器や書付・花押のある茶道具・茶器なども買取査定いたします。裏千家十一代家元 玄々斎 精中宗室は岡崎市に縁があり、裏千家中興の祖と称されています。また有楽流の祖、織田信長の弟、織田長益(織田有楽、千利休十哲の一人)も愛知県に深い縁のある茶人です。また千家十職(樂吉左衛門 大西清右衛門 中村宗哲 駒沢利斎 中川浄益 土田友湖 奥村吉兵衛 飛来一閑 黒田正玄 西村(永楽)善五郎)の茶道具・茶器も人気が高く、買取金額が期待できる可能性がある茶道具・茶器となります。お手持ちのお茶道具を売ろうかな・・・とお考えの方はぜひ、古美術骨董えんやまでご連絡下さい。まずは買取専用フリーダイヤル0120?808?896又はメール、LINE(ライン)買取査定にてお気軽にご相談下さい。


著作権について

愛知県茶道具 買取対応エリアのご案内

名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、尾張地方(海部)、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、尾張地方(知多)、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、三河地方(西三河)、岡崎市、碧南市、刈谷市豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町、三河地方(東三河)、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村

人気の茶道具作家

●表千家歴代家元 即中斎、惺斎而妙斎、碌々斎 ●裏千家歴代家元 坐忘斎、鵬雲斎、淡々斎、圓能斎 ●永楽善五郎 ●楽吉佐衛門 ●大西清右衛門 ●黒田正玄 ●中村宗哲 ●中川浄益 ●飛来一閑 ●奥村吉兵衛●土田友湖 ●駒沢利斎 ●川端近左 ●三輪休雪 ●鈴木蔵 ●一后一兆 ●十三代 今泉今右衛門 ●西岡小十 ●中里重利 ●井上萬二 ●中島宏 ●小野珀子 ●亀井味楽 ●中里太郎右衛門 ●酒井田柿右衛門 ●樋渡陶六 ●中村清六

充実の買取項目

人間国宝・文化勲章受章者
0120-808-896 買取のご相談 LINE査定 このページの先頭へ