美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。女性スタッフもお伺い致します。

絵画

草間 彌生(くさま やよい)

草間彌生は、彫刻、絵画、ファッションデザインや小説の執筆も行っている芸術家です。

1929年3月22日に長野県・松本市の種苗業を営む裕福な家庭に生まれました。幼少のころから統合失調症により幻覚や幻聴から逃れるために絵を描きました。1957年(28歳)に、アメリカに渡りニューヨークを拠点にして活動を始めました。絵画だけでなく、男性器をモチーフとしたオブジェなどの制作も行い、1960年代には「前衛の女王」と評価され、反戦運動の活動も行いました。1993年にヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表として参加し、世界的に再評価されました。

2009年には携帯キャリアauのiidaブランドの端末のデザインを手がけ、2012年には高級ブランドであるルイ・ヴィトンと共同プロジェクトに参加するなど、商業デザインの活動も積極的に行い、85歳を過ぎても現役で活動を続けています。

草間の作品と特徴いえば、やはり水玉デザイン。幼少のころから頭の中で水玉が増殖し続け、脅迫的な幻覚に苦しみ、その精神的な苦痛や恐怖が創作活動のエネルギーの源となってきました。その独特の世界観が世界中の人を魅了しています。

草間はあるインタビューで「地球、月、太陽、そして人間も、全ては水玉で出来ているの、無数の水玉によってね。」と語り、「私の作品は痛みを伴うものであり、遊び心に溢れたものでもあるわ。」と。

白い化粧に真っ赤な口紅、かつらをかぶり、水玉模様の服を着る草間彌生。強烈な個性によってその不思議な世界に人々を引き入れているようにも感じられます。毎日9時間ほど、食事を忘れて驚くほどの集中力で作品を作り上げます。

草間彌生の作品は、生まれ故郷である長野県にある松本市美術館をはじめ、国内の様々な美術館、美術展、展示会に展示されています。東京の六本木には水玉で覆われたピンクの固体が展示されこともあります。香川県の直島の岬には、「水玉模様のかぼちゃ」が設置。秋田県の秋田駅前には、水玉の巨大物体があり、市民の身近な存在になっています。

交友関係としては、2013年にアイドルグループである嵐の大野智と24時間テレビのTシャツを共同創作。大野智に対し「非常に才能のある方」「良いお友達」と発言しています。この番組をきっかけに草間彌生の名前が一般的にも広く知れ渡るようにもなりました。

草間彌生のグッズも広く販売されており、アパレル大手のユニクロからTシャツやタンクトップ、トートバッグ、下着メーカーのワコールからは女性用下着も販売され大きな話題にもなりました。

絵画

買取商品例

古美術・絵画買取実績多数のえんやで取り扱ってきた商品の数々です。掲載されていないジャンルのお品物もぜひお気軽にお問い合せください。 買取り専門だから出来る買取り額、即金にて高価買取り。お電話一本で、お客様のご希望の時間に出張させて頂きます。 秘密厳守。 数の大小を問わず、一品一品、誠実に評価いたします(出張・その他費用無料)。 その他何でもご相談ください。

人間国宝・文化勲章受章者

買取対応エリア

古美術・骨董のえんやでは東京・神奈川をはじめ首都圏を主に、可能な限り遠方へも出張しており、毎日行われる買い取りドラマを買取ったエリアごとにご紹介しております。実際に買い取りをご依頼した際に、どのような流れになるのかを掴むこともできますので是非一度ご覧ください。

全国対応買取マップ

北海道・東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄
0120-808-896 買取のご相談 LINE査定 このページの先頭へ