美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。 出張買取依頼 来店買取依頼 メール買取依頼 宅配買取依頼

絵画

片岡 球子(かたおか たまこ)

個性的な女流画家の代表、片岡球子は1905年、札幌で醸造業を営む裕福な家庭に生まれました。

1926年に女子美術学校を卒業し、横浜で小学校教諭を勤めつつ画業に取り組みました。帝展(現・日展)に出品するも入選は長く叶わず、「落選の神様」と揶揄されます。1930年「枇杷」(びわ)で帝展入選。1935年「炬燵」(こたつ)で院展入選を果たし、以降大胆な構図と厚塗りのきらびやかな作風が花開きます。1955年、50歳からは小学校教諭の職を退き画業に専念。2008年103歳で没するまで「面構」(つらがまえ)シリーズ、力強い富士を背景に草木が咲き乱れる「富士山」など数々のユニークな作品を描き、明治、大正、昭和、平成と4つの時代を画家として生き抜きました。

「面構」シリーズでは、葛飾北斎や足利尊氏など多くの戦国武将や高僧、浮世絵師、戯作者など歴史上の人物が描かれています。特に浮世絵師の歌川国貞は度々、登場。強烈な色使いと明快なフォルムで表現された人物は、活き活きと表現されており今にも動き出しそうです。現代アートにも通じるユーモアを兼ね備えた作品といえます。

一見稚拙に見える大胆な画風から、片岡球子の作品は「ゲテモノ」「異端」「型破り」と称された事もありますが、日本画家の小林古径はこの言葉を「本物と紙一重」の個性とし、高く評価したと言います。古拙などの自由な表現が高い評価を受ける近年、片岡球子の奔放な画風の評価は高まりつつあります。

片岡球子の性格としては、思い込みがとても激しい反面、純粋であったと言われています。人から絵が下手だと思われても、「あたし下手でしょ」と自ら言いながら、絵画に全力を注いできました。

2015年は片岡球子生誕110年にあたり、東京国立近代美術館、愛知県美術館において「片岡球子展」という大規模な回顧展が開催されました。NHKの番組でも片岡球子の魅力に迫る内容が放送されました。


1905年 北海道札幌市生まれ。
1926年 女子美術学校卒業。小学校教諭の職に就く。
1930年 「枇杷」帝展入選。
1935年 「炬燵」院展試作賞受賞。以降入選・受賞を果たす。
1946年 日本画家安田靫彦に入門。
1955年 横浜市立大岡小学校を退職。画業に専念。
1961年 火山をテーマに制作。後に「富士山」のシリーズとなる。日本美術院評議員着任。
1966年 「面構」「富士山」着手。女子美術大学客員教授、愛知県立芸術大学日本画科主任教授就任。
1986年 文化功労者に選出。
1989年 文化勲章を受賞。
1993年 20年に渡る愛知県立芸術大学との共同制作「法隆寺金堂壁画模写」全32面が完成。
2008年 急性心不全のため逝去。103歳。
片岡 球子ギャラリー

絵画

買取商品例

骨董品・古美術品
陶磁器・根付・古壷・蒔絵・指し物・堆朱・伊万里・時代家具・仏像・古道具など買取致します。また古い家屋や蔵などの整理の際は是非「えんや」をご指名ください。
茶道具
表千家・裏千家・武者小路千家の他、久田・堀内・小堀・薮内・山田など各流派書付ものの道具類など買取致します。また千家十職の作品、人間国宝など人気作家作品などから一般道具、お稽古道具まで全般的に買取致します。
掛け軸
仏画・肉筆・版画・浮世絵・山水画・花鳥画・墨蹟古筆・色紙・短冊・画賛・手紙・消息など箱有り無しに関わらず、まずはご相談ください。
絵画
洋画・日本画・版画はもちろん海外作家作品や復刻画も含め近代絵画から現代絵画まで幅広くお取扱い致します。文化勲章受章者はもちろんその他著名作家及び作者名が不明な作品なども買取対象となります。まずはご相談ください。
美術工芸品・作家物
陶磁器・根付・古壷・蒔絵・指し物・堆朱・伊万里・時代家具・仏像・古道具など買取致します。また古い家屋や蔵などの整理の際は是非「えんや」をご指名ください。
中国・朝鮮美術
陶磁器・書画を中心に堆朱・茶かご・鼻煙壷・翡翠の彫刻類など買取致します。
西洋アンティーク
ガレ・ドーム・ミューラー・ラリック・バカラなどのガラス工芸品やマイセン・KPM・セーブル・ウースターなど陶磁器類及び小物や家具、絵画・ブロンズ・彫刻などもお取扱い致します。
甲冑
甲冑とは戦闘の際に兵士が身につける伝統的な防具の総称。
骨董品買取のえんやでは他社では取り扱いの難しい甲冑でも買取致します。
金・銀・白金(プラチナ)製品
金・銀・白金(プラチナ)などの貴金属製品類も、取り扱っております。
まずはご相談ください。
金工
金属に細工をする工芸。またはその職人。金工品には金・銀・銅・錫・鉄等を主材料とした彫金等による甲冑、仏具、荘厳具、装身具、工匠具類などがある。
漆芸
漆(うるし)の木にキズをつけ、滲み出した樹液を採取し目的別に調整します。これを接着剤にしたり、塗料として使用しますが、その他に形そのものを造ることもできます。
その他
着物・和装小物、昭和レトロ・おもちゃ・古小家具・贈答品・ブランド品・貴金属・勲章・軍装などまずはご相談ください。
人間国宝・重要文化財作品はこちら