美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、古美術・骨董えんやグループ!

買取実績年間500件以上のえんやです。 出張買取依頼 来店買取依頼 メール買取依頼 宅配買取依頼

美術工芸品・作家物

美術工芸品・作家物 買取ギャラリー
田村耕一
田村耕一
魯山人
魯山人
三代目 徳田八十吉
三代目 徳田八十吉
川端近左 棗 表千家 而妙斎
川端近左 棗 表千家
而妙斎
畠春斎
畠春斎
玉川堂
玉川堂
十三代 中里太郎右衛門
十三代 中里太郎右衛門
ノリタケ
ノリタケ

実用品に芸術的な意匠を施し、機能性と美術的な美しさを融合させた工作物のことを工芸品と呼び、多くは、緻密な手作業によって製作される手工業品を指します。あくまでも実用性を重視しており、鑑賞目的の芸術作品とは異なります。ただし両者の境界は曖昧であり、人によっても解釈は異なる場合もあります。

今日では大量生産など工業手法の発達にもよって、一般向けの安価で実用のみを求める器物は大量生産品で賄い、特に趣味性や意匠性、あるいは美術性が求められる分野などで多大なコストを掛けて製作される器物を工芸品、それを作る行為を工芸といった具合に住み分けが行なわれています。

ただ、時代を遡り産業が今よりもっと素朴であった頃には、全ての工業製品は家内制手工業など職人が一点一点制作するものしかなかった訳で、この時代においては趣味性や美術性を求める高価な工芸品から、実用一辺倒の安価な工芸品まで様々なものが存在していました。こういった時代においては、美術性を求め鑑賞に堪えるものを上手物(じょうてもの)と呼び、簡素な一般向けのものを下手物(げてもの:→ゲテモノ)と呼んだ歴史があります。ただ、下手物であっても実用に足る工芸品はそれなりの価値を持ち、民具としてなど実利的な使われ方をしながら世代を超えて使い続けられもして、中には骨董品として現存するものも少なくなく、いわゆる「生活骨董」の分野ではこういう時代を経て利用されてきた工芸品を珍重、高値で売買する市場も存在します。
現代における工芸では、それを制作する行為そのものを実利を求めない趣味と位置付けて行なうもの、あるいは高度な美術性を実用品に盛り込むための創作活動(美術工芸)、また伝統文化として過去の工芸技術の伝承・復興などが行なわれています。また、過去に一度衰退して失われた技術と化した工芸技術の再現などの活動も見られます。

いずれにしても、工芸はこと伝統産業などの確立された分野では、ある程度の分業体制がとられることもありますが、幾つもの工程を一人の職人が通して行なったり、ものによってはそのほとんどを独力の手作業で製品が作られます。趣味によるものはともかく、業態としての工芸では素材(材料)の選定から様々な工程において人件費が多く掛かる傾向にあり、故にその製品も高価となりがちです。しかし工芸によって成される高度な美術性、あるいは素朴であったり個性的であったりといった要素が好まれ、これに対して対価を惜しまない愛好者・好事家などに求められています。

美術工芸品・作家物

買取商品例

骨董品・古美術品
陶磁器・根付・古壷・蒔絵・指し物・堆朱・伊万里・時代家具・仏像・古道具など買取致します。また古い家屋や蔵などの整理の際は是非「えんや」をご指名ください。
茶道具
表千家・裏千家・武者小路千家の他、久田・堀内・小堀・薮内・山田など各流派書付ものの道具類など買取致します。また千家十職の作品、人間国宝など人気作家作品などから一般道具、お稽古道具まで全般的に買取致します。
掛け軸
仏画・肉筆・版画・浮世絵・山水画・花鳥画・墨蹟古筆・色紙・短冊・画賛・手紙・消息など箱有り無しに関わらず、まずはご相談ください。
絵画
洋画・日本画・版画はもちろん海外作家作品や復刻画も含め近代絵画から現代絵画まで幅広くお取扱い致します。文化勲章受章者はもちろんその他著名作家及び作者名が不明な作品なども買取対象となります。まずはご相談ください。
美術工芸品・作家物
陶磁器・根付・古壷・蒔絵・指し物・堆朱・伊万里・時代家具・仏像・古道具など買取致します。また古い家屋や蔵などの整理の際は是非「えんや」をご指名ください。
中国・朝鮮美術
陶磁器・書画を中心に堆朱・茶かご・鼻煙壷・翡翠の彫刻類など買取致します。
西洋アンティーク
ガレ・ドーム・ミューラー・ラリック・バカラなどのガラス工芸品やマイセン・KPM・セーブル・ウースターなど陶磁器類及び小物や家具、絵画・ブロンズ・彫刻などもお取扱い致します。
甲冑
甲冑とは戦闘の際に兵士が身につける伝統的な防具の総称。
骨董品買取のえんやでは他社では取り扱いの難しい甲冑でも買取致します。
金・銀・白金(プラチナ)製品
金・銀・白金(プラチナ)などの貴金属製品類も、取り扱っております。
まずはご相談ください。
金工
金属に細工をする工芸。またはその職人。金工品には金・銀・銅・錫・鉄等を主材料とした彫金等による甲冑、仏具、荘厳具、装身具、工匠具類などがある。
漆芸
漆(うるし)の木にキズをつけ、滲み出した樹液を採取し目的別に調整します。これを接着剤にしたり、塗料として使用しますが、その他に形そのものを造ることもできます。
その他
着物・和装小物、昭和レトロ・おもちゃ・古小家具・贈答品・ブランド品・貴金属・勲章・軍装などまずはご相談ください。
人間国宝・重要文化財作品はこちら